【2019年ボーナス】海外FX業者HotForex

BONUS

HotForex(ホットフォレックス)

HotForex(ホットフォレックス)のアイキャッチ画像

HotForexの会社概要は登録法人名は「HF Markets (SV) Ltd」で、住所は「Suite 305, Griffith Corporate Centre, P.O. Box 1510, Beachmont Kingstown, St. Vincent and the Grenadines」です。

所在地はセントビンセント及びグレナディーン諸島にあり、法人登録番号は「22747 IBC 2015」で2015年に設立されています。

ライセンスはSVGとFSAで、顧客の資産管理は分別管理されています。

HotForexは設立が2015年で本社がセントビンセントにある会社で、2019年10月時点ではまだ5年もたっていないため日本人トレーダーからの知名度は低いです。

金融ライセンスはキプロス証券取引委員会、セントビンセント・グラナディーン金融庁、南アフリカ金融サービス委員会の3つで、トレーダーが不利にならないように監視しています。

HotForexの特徴

メリット

HotForexのメリットは、まず3種類の充実したボーナスキャンペーンです。

100%スーパーチャージボーナス、100%クレジットボーナス、30%レスキューボーナスがあります。
内容は次の章からそれぞれ詳しく解説します。

レバレッジは最大で1000倍になり、FX業界ではトップクラスです。
国内の業者では25倍のため、少ない証拠金で多くのポジションを保有できます。

口座タイプは6種類と豊富にあり、取引環境や条件を比較してから選べます。

最大1000倍のレバレッジをかけることができますが、マイクロ口座では最大で1000倍、プレミアム口座とZERO口座では500倍といったように口座タイプ別で上限が異なります。

主な口座タイプの特徴は下記の通りです。

  • マイクロ口座→最低入金額は5ドル、0.01lotから取引可能で少額投資ができ、初心者も始めやすい
  • プレミアム口座→最低入金額は100ドルからになるが、すべてのボーナスが受け取れる
  • ZERO口座→取引手数料がかかるが、スプレッドが最低で0pipsになるスプレッドに特化したECN口座
  • オート口座→メタトレーダー公式MQL5を利用した自動売買、HFコピー口座は独自に展開するコピートレードサービスHFCopyで自動売買に特化
  • PAMMのパム・プレミアム口座→プロに運用してもらうことができる

取引方式はどの口座もNDD取引を採用しているため、リクオートや約定拒否などをされることがなくて安心です。

取引はパソコンだけでなくスマートフォンでも対応でき、MetaTrader4またはMetaTrader5のプラットフォームをダウンロードして使えます。
ダウンロードは公式ホームページから無料ででき、口座開設後にプラットフォームページからするとスムーズにトレードをしやすいです。

人気の口座はマイクロ口座で、5ドルから入金可能で最大レバレッジが1000倍と高くボーナスもあるため、少ない証拠金でもトレードができます。

ロスカットレベルはスタンダードな口座で10%、他も20%になっているため、ぎりぎりまでポジションを持ち続けることができます。マージンコールは40~50%と低く、ゼロカットシステムを採用し追証なしのため口座残高がマイナスになることを防げて安心です。

取引通貨ペア数は49種類と他社と比べれば少なめですが、金属やエネルギーは9種類、インデックス22種類、株式56種類、コモディティ7種類、債権3種類、仮想通貨8種類と取扱銘柄は豊富にあります。

デメリット

デメリットは他社よりスプレッド若干広めで、取引手数料が高めになります。

金融ライセンスは3つ取得していますが、日本の顧客はHF Marketsでの口座開設で、キプロス証券委員会ライセンス下の投資家補償基金による補償は対象外です。

しかし、賠償責任保険に加入しているため、会社が破綻しても500万ユーロを上限としてトレーダー全員に分配されます。

基軸通貨はドルまたはユーロに限定されます。日本円で取り扱っていないため入出金の際に為替相場のレートの変動をきちんと計算することが必要です。

HotForexのスーパーチャージボーナス

HotForexのスーパーチャージボーナスのアイキャッチ画像

HotForexのスーパーチャージボーナスは入金することで付与される、いわゆる入金ボーナスです。
このボーナスは初回入金額に対して100%で、さらにキャッシュバックも付与されます。

スーパーチャージボーナスの特徴

まず、対応する口座はプレミアム口座に限定されるため、プレミアム口座以外の口座では受け取ることができません。

1度の入金で250ドル以上の入金をすることが求められます。

上限金額は5万ドルになり、合計が5万ドルになるまで追加した分も対象になります。
海外FX業界の中でも5万ドルという上限はかなり太っ腹です。

キャッシュバックは1lotの取引につき2ドルが付与され、頻繁にトレードをするとお得になります。
しかし、取引で損失が出てしまった場合、その取引においてはキャッシュバックされません。

上限は8000ドルに達するまでで、入金されるタイミングは5ドル以上になります。

ボーナスは初回入金のものは不可能ですが、キャッシュバックはできるものの1.5lot以上で12回以上のトレードが必要です。

キャッシュバックはそのものを出金することができますが、ボーナスそのものは出金できません。

ボーナスは証拠金がなくなると消滅する仕組みで、出金額に応じてボーナスも消滅します。
出金する際は口座残高を確かめてからタイミングを決めることが重要です。

1人につき1度しか受け取れないため、同じIPアドレスで複数の口座を使っている場合には注意が必要です。

また、口座間の移動もできません。

HotForexの100%クレジットボーナス

HotForexの100%クレジットボーナスのアイキャッチ画像

HotForexの100%クレジットボーナスは条件が複雑になる入金ボーナスになります。

他のボーナスと違って、ボーナス自体を出金することができるというのがこのボーナスの最大の特徴です。
きちんと仕組みを覚えてチャンスロスにならないようにしたいものです。

100%クレジットボーナスの特徴

適用される口座はプレミアム口座とマイクロ口座になります。

出金するための条件は、出金したい額の2分の1の取引を行わなければ出金できないことと、3pips以上の利幅でトレードを終える必要があります。

例えば、出金したい金額の2分の1の取引とは、100ドル出金したい場合は50lotの取引を行うことが求められます。

この際に、1回の取引につき3pips抜かないといけないため、正直かなり厳しい条件になっています。
あまり狙いすぎないようにしないと利益確定できるタイミングで欲張って損を出すリスクが高いです。

これらの条件を満たした上で、ボーナスを受け取るためにサポートセンターに申請しなければいけません。

サポートセンターに申請できる期間は、条件を達成してから3ヶ月間になります。
うっかり忘れてしまうと無効になってしまいますので注意してください。

100%クレジットボーナスは条件が面倒くさいですが、100%スーパーチャージボーナスと併用するならプレミアム口座でできます。
また、マイクロ口座を選んでもこのボーナスは受け取れますが、制限が多くて複雑なためあまり気にすることはなさそうです。

HotForexの30%レスキューボーナス

HotForexの30%レスキューボーナスのアイキャッチ画像

HotForexではレスキューボーナスもあり、入金ボーナスとロスカット後に追加入金をすると受け取れるボーナスになっています。

※2019年10月現在、30%レスキューボーナスは終了しています。

30%レスキューボーナスの特徴

30%レスキューボーナスは、50ドル以上の初回または追加入金に対して30%の入金ボーナスが受け取れます。

適用される口座はプレミアム口座とマイクロ口座でZERO口座は非対応です。

上限金額は7000ドルになります。

上限の7000ドルを受け取ったあとにロスカットされた場合は「Stop Out Reward」となり、再び50ドル以上の追加入金で30%の入金ボーナスがあります。これは上限で3000ドルまで受け取れるものです。

ロスカット後のボーナス「Stop Out Reward」は上限金額の7000ドルを超えないようにすることが求められ、受け取るためにはサポートセンターに連絡することが必要です。

また、最初の30%の入金ボーナスを使い切ってからでなければ受け取ることはできません。

証拠金がなくなりマイナスがボーナス分を上回らない限りボーナスはなくならないため、それを元手にトレードすることができます。

出金するとボーナス分、つまり30%が消滅します。

HotForexのボーナスに関する注意点

HotForexのボーナスに関する注意点のアイキャッチ画像

口座タイプで対象のボーナスが異なる

HotForexは3つのボーナスキャンペーンが充実しているため使いやすいと思われがちですが、実際には1つだけが適用されるため内容を比較してから決める必要があります。

ボーナスは口座によって選べるタイプが異なり、ECNタイプであるZERO口座は適用されないため口座タイプには注意が必要です。

マイクロ口座では100%クレジットボーナスと30%レスキューボーナスは受け取れますが、100%スーパーチャージボーナスは対象外になります。

プレミアム口座は3つとも選べ、FIXED口座は100%クレジットボーナスが適用されないなど癖があることが特徴です。

ZERO口座とVIP口座はボーナスは一切対象外になりますが、スプレッドが狭く取引コストを減らせます。

ボーナスは口座開設後にすぐに選ぶことが求められ、選ぶ口座のタイプやトレードスタイルに合わせて事前に決めるようにしましょう。

現金とボーナスは現金から消費され出金は現金と同額分消滅する

HotForexは口座内に現金とボーナスがあれば先に現金から消費され、なくなるかマイナスになればその時点でボーナスはなくなってしまいます。

他社では現金がなくなってもボーナスだけでトレード可能ですが、HotForexにおいては口座残高がゼロになった時点で消えてしまうため注意が必要です。

ボーナスは出金すれば現金と同額分消滅し、できる限り使い切ってからしないともったいなくなります。

入金ボーナスは口座間移動ができないため、口座残高からボーナス分が差し引かれてそのタイミングで失うため注意が必要です。

期間限定のボーナスキャンペーン

ボーナスは期間限定で行われるキャンペーンもあり、以前は口座開設後に本人確認をするだけで50ドル相当受け取れて未入金トレードをすることができました。

期間限定のボーナスキャンペーンは公式ホームページで案内され、最適なタイミングで口座開設をすると便利です。

HotForexのボーナスまとめ

HotForexのボーナスまとめのアイキャッチ画像

HotForexのボーナスは3つのタイプがあり、口座開設時に選ぶ必要があります。

適用できるボーナスは複数の内容を同時にできないため、初心者であれば100%スーパーチャージボーナスを選ぶと分かりやすいです。

100%スーパーチャージはプレミアム口座とFIXED口座になりますが、プレミアム口座を選ぶのがおすすめです。

入金ボーナスは5万ドルまでなら1回につき250ドル以上であれば適用され、有効証拠金が単純計算で2倍になるためお得です。
さらに、1lotにつき2ドルのキャッシュバックもあり、頻繁にトレードをするとお得になりそのまま現金として出金できます。

キャッシュバックが適用される取引はあくまでも利益が出た場合に限られ、損失を出した場合は適用外になることや短時間での取引は換算されないため注意が必要です。

適用される条件はHotForexでは1アカウントにつき5つまで口座を作れますが、そのうち1つに限定されます。

100%クレジットボーナスは取引の量や1回の取引につき3pips以上利幅を抜かなければカウントされないため、初心者なら考える必要がなさそうです。

また、100%クレジットボーナスは厳しい条件をクリアし、出金する際にはサポートセンターに申請をしなければいけません。

30%レスキューボーナスはこまめに入金するトレーダーやロスカットされやすい一発狙いの場合に向いているといえ、口座に現金がなくなっても消えないのが特徴です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました